柔軟な数理的思考能力をもち独創力ある研究者・技術者の養成

数理情報学専攻は、

数理解析

さまざまな現象にあらわれる数理モデルの深い理解のため、新しい数学的理論の発見と応用を目指しています。

応用数理

さまざまな現象のモデリング、実験、数値シミュレーションを通して、現象のより深い理解を目指しています。

情報科学

計算機やプログラミング言語の基礎理論、グラフ・ネットワークの理論と応用、自然言語処理などの研究を行っています。

の三分野から成り立っています。

これら三つの分野は密接に関連しあい、融合しながら、つぎつぎと新しい科学的発見や興味ある工学への応用を生み出しています。

本専攻では、学部で培った数理的思考能力と情報科学の基礎的知識と技術の上にたって、ソフトウエアを中心としたコンピュータ・サイエンスの数理的側面をさらに深く究め、また、数理解析の新しい知識や考え方を修めると同時に、自然科学の各分野で展開されつつある計算機実験とよばれる応用数理の新しい手法も実践的に修得させています。 さらに、演習や特別研究を通じて、幅広い問題解決能力と創造性を養うような指導をしています。

このように本専攻では、各方面で活躍できるように、コンピュータの知識はもちろん、柔軟な数理的思考能力を持った想像性豊かな人材を育成することをめざしています。

microphone 修了生の声:

数理解析、応用数理、情報科学における数理的思考方法を究める

数理情報学の学問分野は日進月歩で発展しつつあります。 数理情報学専攻の学生は、このような変化に柔軟に対応できるような創造力のある研究者・技術者を目指して、数理解析、応用数理、情報科学の三分野における科目を系統的かつ総合的に修得しています。

数理解析の分野では、自然現象・社会現象の数理モデルを数学的に深く解析するために、カオス・フラクタルなどの工学応用が注目されている「多様体と力学系」、長い歴史をもつ「偏微分方程式」、急速に発展している「大域解析」や「関数解析」および「固有値問題」について学んでいます。

応用数理の分野では、量子デバイスなどの物理系のモデリングを行う「物性物理学」、さまざまな非線形現象の構造を理論的な解析を軸にした数値シミュレーションで解明する「計算科学」、自然の法則から導かれる連続モデルと、シミュレーションに適した離散モデルの関連を調べる「数理モデル」、自然現象や社会現象にあらわれる複雑な系を、シミュレーションを通して理論的に扱う「非線形動力学」について学んでいきます。

情報科学の分野では、近年の科学技術発展の原動力となっている計算機科学、および計算機工学の基礎理論の構築を行う「ソフトウエア理論」、実際問題への応用技術を目指す「ソフトウエア開発法」や「知的情報処理応用」、さらに自然言語の新しい処理手法を探る「自然言語処理」について学んでいます。

これらの各分野の知識を基礎として、「数理情報学演習I・II」で講義内容をさらに身についたものにします。 また、「数理情報学特別研究」において、数理情報学に関する研究テーマを自ら選び、担当教員の指導のもとに最新の資料や文献を検討し創造的な研究を行っています。

数理情報学専攻の教育・研究分野は非常に学術的であるため、関連する他専攻の講義を修得することも大変有益です。

数理情報学専攻の学生は、これらの全課程を通じて、研究開発から生産・金融・流通等の社会の広い分野で活躍できるように、数理的思考能力と独創性を養っています。

Last Modified: Wednesday, 02-Jun-2010 20:04:41 JST