京都駅前セミナー&大阪駅前セミナー

〜非線形現象の数理を考える〜

 

非線形現象に関する諸問題をディスカッションする場を目指して、上記のようなセミナーを開きます。
例年は会場として、京都駅から利便性のよいキャンパスプラザ京都を利用していますが、
昨今の状況に鑑み、しばらくはオンラインにて開催する予定です。
数学に限らずいろいろな分野の方に気軽に参加していただければ幸いです。
また話題提供して頂ける方もしくは話題提供者を推薦いただける方は、どうぞ世話人までご連絡ください。

>

    

☆第93回京都駅前セミナーの講演情報

日時:7月16日(金) 16:00~17:30
場所:Zoom https://us02web.zoom.us/j/89483703091?pwd=ZlB5YnRkKzNxcXNONXVMUXR4Tkh6dz09

ミーティングID: 894 8370 3091
パスコード: 575661

講演者:田中 吉太郎 (公立はこだて未来大学)
講演題目:細胞や格子の大きさと形状を保存する空間離散モデルの連続化法とパターン形成への応用
概要:
細胞や格子の大きさと形状を保存したまま空間独立変数が離散量である数理モデル(空間離散モデルと呼ぶ)を連続化する方法について紹介する.この手法は,平行移動作用素と適当な積分核との合成積の作用素(この作用素を非局所相互作用と呼ぶ)によって実現される.この手法により,平行移動作用素を用いると,一様な細胞や格子上の非線形の空間離散モデルは系統的に空間連続モデルに書き換えられ,初期値が同じならば両方程式は各点的に同値になる.また数理解析や実験への応用のために,平行移動作用素を軟化子の合成積で近似し,空間離散モデルを,非局所相互作用を含む発展方程式で近似する.特異極限法からこの近似が成立することを示す.最後に,空間離散モデルの反応拡散系に本手法を適用し, Alan Turingが提唱した拡散誘導不安定化に対応する条件を導出した結果について紹介する. 本連続化法の内容は,栄 伸一郎氏(北海道大学),石井 宙志氏(北海道大学),佐藤 純氏(金沢大学),Miaoxing Wang氏(金沢大学),八杉 徹雄氏(金沢大学)との共同研究に基づき,空間離散モデルの拡散誘導不安定化の内容は南 彩菜氏(公立はこだて未来大学)との共同研究に基づく.


    

☆オンライン開催について

しばらくの間、京都駅前セミナーをZoomを用いてオンラインで開催します。
セミナーに参加するためには、Zoomのアカウントが必要です。
参加登録は必要ありません。どなたさまもお気軽にご参加ください。
ただし、以下のことをお願いいたします。

・世話人が参加者を記録します。参加されましたら、表示名をフルネームと所属が分かるようにしていただきますようお願いいたします。
・セミナーの進行及び運営を妨げるような行為は控えてください。
・セミナーの録画及び録音は固く禁じます。
・Zoomの接続障害がたまにあります。その場合は、当日になって講演日時を変更することがあります。

☆オンライン接続情報兼リマインダ受信登録
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd1JkAJ_EEDX-shofBe52W37VKrHQ33T3JL1NgBcAYpIKc95w/viewform
よりご登録いただいた方には、セミナー開始までにオンライン接続情報をメールにてご連絡差し上げます。
リマインダとしてのご利用も歓迎いたします。

☆登録解除
登録を解除されたい場合は、下記から解除してください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdj--o310JMrJP2aeN9THsO2nNw5yUkkrY88h0JJnAJoJiecQ/viewform



 

セミナー会場: キャンパスプラザ京都へのアクセ

JR京都駅ビル駐車場西側・京都郵便局西側)

 

                                                            

<これまでの記録>

京都駅前セミナー特別企画 和歌山駅前セミナー: 2018年2月15日(木)

京都駅前セミナー特別企画 岡山駅前セミナー: 2014年12月13日(土)

京都駅前セミナー特別企画博多駅前セミナー(2014年2月18日)

☆過去の講演情報はこちら第75回− 

☆過去の講演情報はこちら第64回−第74回 

☆過去の講演情報はこちら第58回−第62回  , 第63回 (アブストラクト)

☆過去の講演情報はこちら第49回−第57回 

☆過去の講演情報はこちら第42回−第48回 

☆過去の講演情報はこちら第32回−第41回 

☆過去の講演情報はこちら 第1回−第31回 

 

<大阪駅前セミナー>

場所:龍谷大学大阪梅田キャンパス セミナー室          

ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー14階 

http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_osaka.html

大阪駅前セミナー:勉強会2018年11月9日(金)

第9回大阪駅前セミナー: 2018年1月26日(金)

第8回大阪駅前セミナー: 2017年7月7日(金)

第7回大阪駅前セミナー: 2017年5月26日(金)

     第6回大阪駅前セミナー: 2017年1月20日(金)

   第5大阪駅前セミナー: 2016年12月2日(金)

   第4回大阪駅前セミナー: 2016年1月22日(金)

   第3回大阪駅前セミナー: 2015年10月9日(金)

   第2回大阪駅前セミナー: 2015年7月3日(金)

   第1回大阪駅前セミナー: 2015年1月23日(金)

場所:龍谷大学大阪梅田キャンパス セミナー室          

ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー14階 

http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_osaka.html

 

協力:
☆龍谷数理・ネットワークセンター
2021年度 龍谷大学 科技研センター 研究プロジェクト 「非局所効果が引起す自発的パターン形成の数理的研究と応用」 (代表:森田善久)
☆科研費 
  基盤研究(B) 18H01139「生命科学におけるパターン形成の新しいモデルと数学的解析手法の確立」(代表:森田善久)
  基盤研究(B) 20H01823「細胞接着に関する数理的研究の深化と新展開」(代表:村川秀樹)
  基盤研究(C) 20K03689「動的境界条件を有する拡散方程式の非線形問題への展開」(代表:川上竜樹)
  基盤研究(S) 19H05599「発展方程式における系統的形状解析及び漸近解析」(代表:石毛和弘)

 

セミナー世話人
(連絡の際は、(at) @ に変えてください)

馬越春樹(龍谷大学研究部(瀬田)/大阪市立大学数学研究所)
E-mail: h-umakoshi (at) osaka-cu.ac.jp

川上竜樹(龍谷大学先端理工学部)
E-mail: kawakami (at) math.ryukoku.ac.jp 

村川秀樹(龍谷大学先端理工学部)
E-mail: murakawa (at) math.ryukoku.ac.jp

森田善久(龍谷大学先端理工学部)
E-mail: morita (at) rins.ryukoku.ac.jp

セミナー協力メンバー
四ツ谷晶二(龍谷大学理工学部)

E-mail: shoji (at) math.ryukoku.ac.jp

大崎浩一(関西学院大学)
E-mail: osaki(at)kwansei.ac.jp

高坂 良史(神戸大学)
E-mail: kohsaka(at)maritime.kobe-u.ac.jp

岩見真吾 (九州大学大学院 理学研究院 生物科学部門)
E-mail: iwamishingo (at) gmail.com

小川知之(明治大学先端数理科学研究科)
E-mail: togw (at) meiji.ac.jp 

坂元(奥田)孝志(明治大学 理工学部)
E-mail: okuda.37 (at) gmail.com